ブログBLOG

ブログ
BLOG

【浮気調査】ボイスレコーダーの選び方!自分で証拠集め可能?

「夫が浮気しているかも?」

という疑いを持ってしまったら、証拠を掴みたくなりますよね。

自分で浮気調査をする方法はいくつかありますが、声を録音できるボイスレコーダーを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか

ボイスレコーダーはインターネットで比較的安価に入手でき、コンパクトなので初心者でも扱いやすい機器です。

今回は浮気調査用ボイスレコーダーを選ぶ際のポイントを紹介します。

ポイント①録音時間

ボイスレコーダーに内蔵されている本体のメモリやSDカードによって録音可能時間が異なります。

できれば長時間録音できるものを選びましょう。

「せっかく良いところなのに録音時間が切れてしまった・・・。」といったトラブルを避けられます。

パートナーの行動パターンが分かっていれば、ある程度短くても構いません。

自宅に設置するなら10時間、車に設置するなら20時間はあると安心でしょう。

タイマー録音機能や音声起動装置といった省エネ機能が備わっているものが便利です。

ポイント②サイズ感

ボイスレコーダーを仕掛けたことがバレては水の泡です。

ネットで注文して届いたあとに、「意外と大きい!」と気付くケースが多いです。

最新ボイスレコーダー(ペン型・イヤホン型・USB型)はかなりの小型ですが、店頭で実際のサイズを確認したり、メーカーサイトで仕様を見たりしておくのがおすすめです。

ボイスレコーダーが目立たないよう、隠せる大きさ・厚みかどうかを確認しましょう。

ポイント③マイクの性能

ボイスレコーダーが録音できても、マイクの性能が悪ければ内容を聞き取れません。

特に車の中に設置する場合はエンジン音や音楽・ノイズが入ってしまいます

雑音をカットしてくれる「ノイズキャンセラー」機能がついたもの・感度の高いマイクのものが良いでしょう。

ボイスレコーダーを安さ(価格)で選ぶと失敗してしまいがちなので、機能性や国産かどうかについて比較した上で決定しましょう。

まとめ

自力で浮気調査をしようと思ったら、ボイスレコーダーを選びましょう。

パートナーや浮気相手の声が入っていれば、それなりの証拠になります。

ボイスレコーダーの選び方として以下の3つを覚えておきましょう。

  • ポイント①録音時間
  • ポイント②サイズ感
  • ポイント③マイクの性能

ボイスレコーダーの録音により浮気をしていることが分かったら、本格的な浮気調査に切り替えましょう。

離婚・慰謝料請求を考えているのであれば、決定的な証拠を集めなければいけません。

 

当社は北九州を中心に浮気調査をしている総合探偵社 ZERUCH(ゼルク)です。

万が一証拠が撮れなければ調査料金0円、お気軽にご相談ください。