浮気調査CHEATING SURVEY

浮気調査
CHEATING SURVEY

浮気の証拠を
確実につかむための心得

浮気の証拠を確実に掴むためには、まず冷静になりできるだけ平静を貫く事です。
自分が普段と違う様子に相手が気がつくと、警戒心を強められ、決定的な証拠を掴めなくなる可能性が高まります。
どんなに相手を恨んでいても、最後に勝つために平静を装ってください。
貴方が冷静でいつもの貴方でいる限り、相手は油断してくれます。
そして、万全の準備を整え、確実に証拠を獲り、最後に勝ちましょう。

浮気調査をする目的

浮気調査を依頼する人の事情は様々です。
以下に事例を挙げますのでご自身の場合はどれに該当するか考えてみてください。

  • 浮気を疑っているので、
    証拠をつかみたい

    浮気を疑っているけど、自分では証拠が掴めない。そのため、プロにお願いして決定的な証拠を見つけてもらい、離婚に有利な証拠を掴んでもらいたという目的。当探偵事務所では、女性だけでなく、男性からも「妻の浮気調査をして欲しい」という依頼も多く寄せられています。

  • 離婚が決まっていて、裁判で
    有利となる証拠資料がほしい

    夫婦仲が悪化し離婚が決まっている場合、裁判で証拠資料を提出して慰謝料を請求する目的で使用できます。 浮気をしていることを認める配偶者は少ないのが実状です。裁判では、「不貞行為があった」という決定的証拠の提出が必要となりますので、浮気調査を実行することは、裁判で勝つ為には必要な事といえます。

  • 不倫相手に手を引かせたい

    パートナーが浮気をしていることは確実だけど、今の時点ではパートナーと離婚や別れるつもりはない場合。浮気調査で浮気の決定的証拠をとり、この決定的証拠を元に、不倫相手に手を引かせてパートナーと別れさせることができます。不倫相手に証拠を突きつけ、接触禁止誓約書にサインをさせることや、慰謝料を請求することも可能なので、パートナーと別れさせて、追い払うことができるのです。また、配偶者に対する牽制にもなるでしょう。

  • 浮気をしているのか
    真実を知りたい

    夫婦仲は悪くなかったのに、急に「離婚をしてほしい」と配偶者から突き付けられた場合。もしかしたら、浮気をしているのではないかと疑うこともあります。浮気調査をすることで事実を知ることが目的となります。もし、今は離婚するつもりはなくても、いつかその時が来た時に、浮気の証拠を見せれば、自分の武器となり、離婚も有利に進める事ができるでしょう。そのため、事前に浮気の証拠を掴んでおきたいと考える人が増えている様です。

浮気調査の手法

  • 浮気調査は、基本的に尾行や張り込み、カメラで撮影をして証拠を掴みます。不貞行為の現場を写真に納めるには、尾行や張り込みが最も有効なのです。尾行は、1人~2人体勢で、徒歩や車といったように、対象者に気づかれないように行動パターンを分析して、ケースバイケースで進めていきます。そして、決定的な瞬間を突き止めたら、カメラで撮影します。例えば、「ラブホテルに入っていく写真」「不倫相手の自宅から出てくる写真」などです。
  • 夜に周りが暗かったとしても、当探偵事務所では、暗闇でもしっかりと顔が認識できる特殊なカメラを使用しておりますので、相手に気づかれずに撮影することが可能です。尾行は簡単な様に見えて、実はとても技術が必要なのです。ホテルの出入りや、不倫相手の自宅からでてくるのは一瞬。その一瞬を逃さないように常に気を張って尾行や張り込みを行っております。

※中には自分で尾行してしまう方がいらっしゃいますが、これは法的に触れてしまう可能性があります。調査員は職務として認められていますが、ご自身での尾行がもしみつかってしまった場合は、ストーカー規制法違反や迷惑防止条例違反という法律に引っかかってしまうこともあります。また、せっかくの証拠撮りのチャンスを逃してしまう事にもなりかねません。以後、対象者が警戒を強めてしまい、証拠撮りのチャンスがなくなってしまうというリスクもあります。

ご依頼者様への結果報告

浮気調査終了後にはご依頼者様へ、調査の結果を報告させていただきます。
不倫相手の身元や浮気をしていた日時、場所、状況などを、文面と写真でまとめまして、報告書としてお渡ししております。
最終的に、浮気をしていなかったという場合でも、報告書はお渡ししております。
弊社のミスによる発覚などで証拠が掴めなかった場合は、一切費用をいただきません。
調査の結果が出なかったのに、「費用だけ払わされたらどうしよう」などというご心配は無用で御座いますのでご安心ください。