浮気調査を探偵に依頼するときの相場が10万~100万と聞くと、探偵に依頼しようと考えても実際の金額が分からず不安になるかもしれません。

この相場の幅は、探偵事務所の料金体系や調査にかかる人員数、調査方法などの内容によって費用が大きく変わってくるからなのです。

大きな金額が動く浮気調査で失敗しないためにも、事前に調査方法の種類や相場を知っておくことが大切です。

この記事では、

  • 浮気調査の相場
  • 3つの調査方法とその料金体系
  • 調査費用を抑える方法
  • 探偵事務所選びで失敗しないポイント

について詳しく解説していきます。

浮気調査の相場

浮気調査を探偵に依頼した場合には、10万~100万円ほどが相場といわれていますが、実際に請求される費用の内訳としてはこのような内容となっております。

  • 調査料金
    調査員の人件費×人数・調査員の稼働時間・深夜、早朝手当など
  • 諸費用
    交通費・通信費・宿泊費・機材費、車両費など
  • 手数料
    各種報告書などの作成費用
  • 基本料金

ひとつひとつの項目ごとに費用がかかることもありますので、自分に合ったプランを見つけることで無駄な出費を抑えることが可能です。

浮気調査の種類と費用

探偵事務所によってさまざまなプランを用意しているところもありますが、こちらの3種類が一般的な調査方法になります。

成功報酬型

もっとも一般的な調査方法の「成功報酬型」では、証拠を掴んだら「報酬」が発生するプランになります。

証拠を掴めなかった場合には、支払いをする必要はありません。

「成功報酬型」のなかには、事前に着手金がある「半成功報酬型」という場合もあります。

事前に着手金というかたちで指定の金額を支払い、調査が成功すれば残りの金額を支払います。

半成功報酬型では、証拠を掴めなかった時には成功報酬と同じように残りの支払いはゼロになりますが、事前に支払った着手金は戻ってこない契約がほとんどです。

万が一、証拠が掴めなかった場合には報酬を支払う必要がない調査方法なので、リスクも少なそうに感じるプランですが、トラブルが多いのもこの「成功報酬型」になります。

トラブルの原因としていちばん多いのは「何をもって証拠とするか」という非常に重要な部分です。

ただ単に「不貞の証拠を掴んだ」ということだけで成功報酬を請求されてしまうケースが最も多いトラブルになります。

いざ調査が終わった時に「浮気相手がどこの誰か分からない」となっては、内容証明すらも送ることができません。

実際にそれで解決する場合もあるかもしれませんが、事前に「浮気相手を特定すること」など、最終的になにをもって「成功」となるのか、具体的な内容を取り決めておくことが大切です。

時間料金型

「時間料金型」といわれる料金体系では、実際にかかった費用を算出されます。

  • 調査員の1時間当たりの料金×稼働時間
  • 調査員の人数
  • 諸経費

調査員2名体制で、一時間あたりおおよそ1~2.5万円程度が相場となります。

費用が非常に分かりやすく安心して依頼することができそうですが、デメリットも知っておく必要があります。

  • 時間、期間が長引けば高額になる
  • 必要に応じて交通費などが加算されることがある
  • その他費用として基本料金・書類作成費や手数料などがかかることもある

パートナの浮気する日時や場所をある程度特定できている場合など、ピンポイントでの調査に非常に向いている調査方法となります。

しかし「あと少しで証拠を掴めそう」など、その場で突然の延長があることなども考えられますので、料金的には余裕を持った契約をしておくことも大切です。

パック料金型

探偵のサービスを一律料金で利用できる料金体系が「パック料金型」となります。

目安としてはこのような料金が一般的です。

  • 20時間 50~60万円
  • 30時間 60~70万円

おおよその相場はこの程度となりますが、証拠を掴めなかった場合でも同じだけ費用はかかりますので注意が必要です。

また料金は一律ですので、すぐに証拠を掴めた場合には、非常に割高になってしまう可能性も考えられます。

  • 浮気や浮気相手の情報が少ない人
  • 浮気調査が長引くことが予想される人

このような方に向いている調査方法ですが、探偵事務所の中ではあまり一般的ではないため、パック料金型を採用していない事務所もあります。


調査をする時点ですでに掴んでいる証拠だったり、パートナーの今後の行動、浮気相手を知っているのか、など、すでにある程度の情報があるのであれば「時間」で区切る調査方法が向いています。

逆に、大きな手掛かりはないけど浮気をしている可能性が高いのであれば「成果報酬型」がおすすめです。

探偵に調査を依頼するのであれば、出費や調査時間を抑えるためにも、現状に合ったプランを相談してみることをおすすめします。

浮気調査の費用を安くする方法

浮気調査では、大きな金額が動くことも少なくありません。

なるべく費用をかけずに確実な証拠を掴むためにも、以下のことに注意しておくと良いでしょう。

事前に情報収集をしておく

パートナーがよく訪れる場所や曜日、行動パターンなどの情報がないままの調査では、非常に時間と労力がかかることが予想されます。

調査の時間が短縮されれば費用も抑えられることがほとんどですから、普段からパートナーの行動や所持品、次に浮気しそうな日時や場所など、調査員と密に連携して調査を進めていくことが重要です。

また、パートナーの行動や発言なども日記に残しておくことで、浮気調査の参考にもなり、裁判で有利な証拠となる可能性も考えられます。

パートナーの浮気するタイミングを狙う

浮気するタイミングを掴めているのであれば「時間報酬型」で依頼をし、短期間・短時間で証拠を掴んでいきましょう。

このようば場合には、調査自体は数時間で済み、成功すれば料金的にも大幅に軽減すること可能です。

見積りを比較する

浮気調査の方法や料金体系は、探偵事務所によってさまざまです。

自分に合ったプランを知るためにも、事前に何社か候補を決めて、相見積もりをとり比較しましょう。

まずはあなたが「いつまでに」「何を」「どこまで」調査してほしいのかを明確にしたら、それに沿って見積もりを依頼してください。

見積もりを依頼するときには、以下のことに注意が必要です。

  • 「何をもって成功か」を明確にしておく
  • 追加料金・キャンセル料はどの程度か
  • 何人体制でどのような調査をするのか

料金だけにとらわれず、信頼のおける調査員か、どんなに小さなことでも納得がいくまで説明があるかなどの対応も見ておきましょう。

事前相談の丁寧さは、調査員の指導が丁寧ということにもつながり、結果的に料金が安くなるという可能性もあります。

探偵事務所を選ぶポイント

探偵事務所といっても、浮気調査に強い事務所から企業専門の事務所までさまざまです。

また、違法な業者が存在していることも否定できませんので、安心して依頼できる探偵事務所を探していきましょう。

各都道府県の公安委員会に届けを出しているか

「探偵業法」により、探偵は各都道府県の公安委員会に「探偵業の届出」を義務付けられています。

探偵事務所の公式サイトや事務所に立ち寄った際に、届出証明番号の掲示があるか確認をしましょう。

実績のある探偵事務所か

実績のない探偵事務所に依頼した場合には、たとえ割安で契約したとしてもターゲットを見失ってしまったり、写真や動画の技術がなく確実な証拠をなかなか撮れなかったりといったリスクも考えられます。

決定的な証拠がなければ調査も長引いてしまい、結果として費用がかさんでしまったり裁判などで使える決定的な証拠を入手できなかったりする可能性もあります。

「短期間」で「結果を出す」という部分でも、実績のない探偵事務所を安易に選ばないようにしましょう。

料金が相場から大きく外れていないか

浮気調査は決して安価ではありません。

見積もりを数件とると、調査費用が桁違いで安い探偵事務所も存在します。

安価で引き受けているため一人体制での調査であったり、そもそも虚偽の報告があることも考えられます。

安価なのは魅力に感じるかもしれませんが「確実に証拠を掴む」という、いちばん大切な目的を忘れずに比較しましょう。

調査料金が明確か

見積もりに納得し依頼をした場合でも、最終的に大幅に金額をオーバーした請求をしてくる事務所も存在します。

特に「時間料金型」では追加料金が高額になりやすいといわれていますし、「成功報酬型」では何をもって成功としたかによってのトラブルや追加調査の発生など、あらゆるところで不安な要素が隠れています。

調査後のトラブルを防ぐためにも、契約を交わす前に調査費用とあわせて「追加料金」や「キャンセル料」などの確認も必要です。

また、一括払いのみの探偵事務所もありますので、支払い方法についても確認しておきましょう。

何名体制で調査をするのか

浮気調査では、2~3名で調査にあたるのが一般的です。

安価な事務所に多いのですが、単独で調査をする事務所はどんなに安価でもおすすめはできません。

一人での追跡は見失いやすく限界もあるうえに、対象者に気付かれてしまうリスクが非常に高いため危険です。

調査していることを気付かれてしまったら、その後の調査で証拠を掴むことは非常に難しくなってしまいます。

必ず2名以上で調査にあたってくれる事務所を選ぶようにしましょう。

契約書と調査報告書があるか

探偵事務所に調査を依頼する場合には、探偵事務所と依頼者とで契約を書面で交わすことを探偵業法で義務付けられています。

実際に契約するときには、下記の書面が必要になります。

  • 重要事項説明書(探偵業契約前書面)
  • 調査契約書(探偵業契約後書面)
  • 調査目的確認書(誓約書)

書面にサインをするまえに、内容をしっかりと理解したうえで契約を結びましょう。

  • 調査内容、具体的な「成功」の内容が明記されているか
  • 成功報酬の場合には、証拠を掴むことができなければ「0円」と明記されているか
  • 納得した料金で、調査期限が明記されているか

以上の点に特に注意をはらい、おかしな部分や納得のできない部分はその場で解消しておくようにしましょう。

また、ほとんどの探偵事務所では「調査報告書」のサンプルを用意しています。

安価な探偵事務所では、この調査報告書がずさんな場合もありますので、言い逃れできないような確実な証拠があるか、誰が見ても分かりやすく書かれているかなども確認しておきましょう。

探偵事務所に依頼するまえに

見積もりを比較して探偵事務所を決めたら、このような準備をしておきましょう。

  • パートナーのはっきりと写った顔写真、全身写真、普段見につけている特徴的なもの
  • 浮気相手を知っている場合にはその情報
  • 普段の行動範囲
  • 休日出勤やゴルフ、飲み会など、なるべく予定を把握しておく
  • パートナーが持っていたレシートなどは保管しておく

このような情報が事前に分かっているだけで、調査の時間もかなり短縮でき、結果として費用の節約にもつながっていきます。

浮気調査は総合探偵社ZERUCHにお任せください

探偵事務所に依頼するときの相場や注意点、探偵事務所を選ぶポイントを解説してきましたが、信頼できない探偵事務所では安心して依頼することはできません。

浮気調査を依頼する条件としては

  • 信頼・実績があるか
  • 納得のいく金額か
  • 小さなことでも遠慮なく相談できるか

この3つは確実にクリアしている必要があります。

総合探偵社ZERUCHは、実績があるからこそ「成功報酬型」で調査を行っています。

万が一、結果が出なかった場合には成功報酬はいただきません。

また、一人ひとりの予算に合ったプランもご用意しております。

ぜひお気軽にご相談ください。

【公式】浮気調査専門の総合探偵社ZERUCH(ゼルク)【相談無料 分割払い可】