「探偵が作成した報告書」というだけでは、裁判で証拠として認められない場合があることを知っていますか?

「夫が浮気している決定的な証拠」が載っていない報告書、つまり、裁判で使えない報告書はお金と時間の無駄になってしまうのです。

そこで今回は浮気調査報告書の主な内容と、裁判で使えるかどうかチェックポイントを紹介します。

探偵事務所に依頼する前に、浮気の証拠として裁判で認められるのか?報告書のサンプルで確認してください。

報告書の主な内容

cheating-report‐001

浮気調査の報告書の形式は探偵によって異なりますが、以下のような項目が詳細に記録されています。

調査対象者夫の名前・住所・勤務先
調査期間(日付)浮気調査を開始・終了した期間
調査開始場所浮気調査を開始した場所
行動内容(行動記録)目的地までのルートや浮気相手との接触など
例)21:05 対象者と第二対象者がラブホテルへ入る

「行動内容」は浮気調査を開始した瞬間から終了する瞬間までの行動を具体的に説明します。

文章による記録の裏付けとして、写真や動画・音声データ・マップ(GPS)なども添付することがあります。

「いつ・誰が・どこで・誰と・何をしたか」が第三者にも分かる報告書が、質の高い報告書と言えます。

裁判で使える?報告書のチェックポイント

cheating-report-002

浮気調査の報告書は質が重要。

第三者にもハッキリと「浮気しているだろう」と思わせる内容でなければ、ただの紙になってしまいます。

探偵への依頼費用は安くないですし、スムーズな問題解決のためにも質の高い報告書が欲しい物。

探偵に依頼する前に、報告書のサンプルで以下のポイントをチェックしましょう。

  • 写真が鮮明で、対象者や浮気相手の不貞行為が認識できるか?
  • 撮影した日付・時刻が分かるか?
  • 分単位で行動が記録されているか?
  • 対象者に動きがない時間帯も張り込みの経過画像を添付しているか?
  • 駅・飲食店・娯楽施設などの名称・所在地を正確に記載しているか?
  • 調査の内容が時系列で整理され、読みやすいか?
  • 主観ではなく、客観性のある内容か?
  • 対象者が使う車・バイクの車種・ナンバーなどを記載しているか?

報告書には離婚や慰謝料請求ができるかどうかがかかっています。

探偵事務所を選ぶ前に、必ず報告書のサンプルを確認しておきましょう。

報告書の質=調査能力の質

cheating-report-003

「写真や動画の画質が悪く、ピンボケしている」「ラブホテルに出入りする瞬間を撮っていない」など質の低い報告書では、裁判で使えません。

探偵の調査能力が低ければ尾行・張り込みが失敗に終わり、手に入る情報が少なくなります。

空白の時間があったり、決定的な瞬間を撮れなかったり、報告書も曖昧な内容に…。

浮気調査報告書のサンプルを見ておけば、証拠能力の高い報告書を作成できるかが見極められるでしょう。

まとめ:浮気調査の報告書は「裁判に使えるか?」が大事

cheating-report-004

今回は浮気調査報告書の主な内容と、裁判で使えるかどうかチェックポイントを紹介します。

報告書は行動内容(行動記録)・調査期間などが詳しく記載される書類。

信憑性が高ければ、裁判の資料として認められます。

探偵事務所に依頼する前に、報告書のサンプルを見せてもらいましょう。

  • 写真が鮮明で、対象者や浮気相手の不貞行為が認識できるか?
  • 分単位で行動が記録されているか?
  • 調査の内容が時系列で整理され、読みやすいか?
  • 主観ではなく、客観性のある内容か?

など、自分の目で確認してください。

証拠能力の高い報告書を作成できる探偵事務所に依頼することが、お金と時間を無駄にしないコツです。

夫が浮気しているか確認したい場合は当社・北九州で浮気調査に強い総合探偵社 ZERUCH(ゼルク)にお任せください。

お見積り・相談は無料で承ります。

【公式】浮気調査専門の総合探偵社ZERUCH(ゼルク)【相談無料 分割払い可】