ブログBLOG

ブログ
BLOG

【浮気調査】車にGPSを仕掛ける前に!種類と注意点

浮気調査のためにGPS発信機を車に取り付けようと考えている方、こんな悩みを持っていませんか?

どのGPSを選べばいいの?

車のどこにつければ、相手にバレずに済む?

パートナーが怪しい動きをしていないか知りたい・・・。

今回はGPSの種類や取り付ける場所などを紹介します。

GPSを使えば自力でも浮気調査できますが、不安なら探偵に任せるほうがベターです。

GPS発信機の種類

GPS発信機は「ロガータイプ」と「リアルタイムタイプ」の2種類に分けられます。

レンタルや購入前にその違いを知っておかないと、思った通りの結果が得られない場合も考えられます。

「ロガータイプ」と「リアルタイムタイプ」どちらが向いているかを確認しましょう。

記録する「ロガータイプ」

「ロガータイプ」のGPSは位置情報をGPS機器本体や他の場所にデータを記録します。

パートナーが「過去にどこに行ったか」という記録を残す役割を果たします。

そのため、位置情報を調べるにはデータを取り出す必要があります。

表示する「リアルタイムタイプ」

「リアルタイムタイプ」のGPSは位置情報をリアルタイムで通信します。

パートナーが「今どこにいるか」を表示します。

スマートフォンのアプリやインターネットのサービスで使われる機能を応用しています。

GPS発信機の取り付け場所

GPS発信機を車に取り付けてパートナーの行動を監視したいなら、慎重さを忘れないでください。

先方にバレてしまえば計画が水の泡になり、信頼関係も崩れてしまいます。

GPSは車の目立たない場所に設置しましょう。

例えば、

  • 助手席シート・リアシートの下
  • ダッシュボードの中
  • トランクの荷物の中
  • 車体の下(底面)
  • バンパーの裏

などがおすすめです。

GPSが外れないよう、しっかり両面テープでとめておきましょう。

ただ、GPSは特殊な機械なので、使い方を熟知しておかなければなりません。

いざGPSを車に取り付けてもパートナーの位置情報を把握できないようなら、決定的な瞬間を逃してしまうでしょう。

まとめ

浮気調査として有名な手段、GPS発信機を車につける方法についてまとめました。

GPSには2種類あり、記録する「ロガータイプ」と表示する「リアルタイムタイプ」と特徴が違います。

車の目立たないところに設置するだけなので簡単そうに見えます。

しかし、実はGPSがバレないように取り付けたり、きちんと動くように設定するのは大変です。

1人で浮気調査を行うには限界があるので、知識・経験が豊富なプロに頼みましょう。

 

当社は北九州を中心に浮気調査をしている総合探偵社 ZERUCH(ゼルク)です。

24時間365日対応可能、スムーズに調査を始められます。

証拠が撮れなければ調査料金0円ですので、お気軽にご相談ください。